ドリフトにおすすめのベース車両 マツダ・RX7(FD3S)

トップページ > ドリフトにおすすめのベース車両 マツダ・RX7(FD3S)

ドリ車としてオススメするベース車両マツダ・RX7 FD3Sです。

 

5534333132_ae6e3740a0_b

 

 

マツダ・RX7 FD3Sの車両スペック

マツダ・RX7(FD3S)

グレードタイプRBタイプRタイプRSスピリットR
車両形式GF-FD3SGF-FD3SGF-FD3SGF-FD3S
タイプクーペクーペクーペクーペ
乗車定員4名4名4名4名
車両重量1240kg
(1280kg)
1260kg1280kg1280kg
エンジン型式13B-REW13B-REW13B-REW13B-REW
総排気量1308cc1308cc1308cc1308cc
エンジン仕様水冷直列
2ローター
ICツインターボ
水冷直列
2ローター
ICツインターボ
水冷直列
2ローター
ICツインターボ
水冷直列
2ローター
ICツインターボ
過給機ツインターボツインターボツインターボツインターボ
最高出力265ps
(255ps)
280ps280ps280ps
最大トルク30.0kg32.0kg32.0kg32.0kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム無鉛プレミアム無鉛プレミアム
10:15モード燃費8.1km
(7.7km)
8.1km7.2km7.2km
駆動方式FRFRFRFR
トランスミッション5MT
(4AT)
5MT5MT5MT

マツダ・RX7 FD3Sの維持費目安表・車検料

普通自動車1500kgまでの車検料目安

普通車の車検料目安
1500kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円24,600円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー54,140円
3ナンバー54,240円
エコカー27,840 円15,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー44,540円
3ナンバー44,640円
13年経過車27,840 円30,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー59,540円
3ナンバー59,640円
18年経過車27,840 円37,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー67,340円
3ナンバー67,440円
車検は、新車購入時は三年後に受ける必要があります。それ以外は二年に一度受ける必要があります。
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

マツダ・RX7 FD3Sの維持費目安表・自動車税

 

ロータリーエンジンは、総排気量の1.5を掛けた数字の税金が適用されます。

1500超~2000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
1500cc超~2000cc以下39,500円
自動車税は、一年に一度かかる税金です。
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

 

マツダ・RX7 FD3Sの備考

 

最終型のRX7は、FD3Sです。
FD3Sの中にも1型~6型まであり、デザイン、ホイールなどの変更点がありますが、一番気にしたいのは、馬力です。

 

255ps,265ps,280psと三段階あります。
ロータリー搭載車については、ロータリーエンジンの車選びにも詳しくのっていますので、参考にして下さい。

 

RX7、FD3Sでドリフトをする時、最初は非常に難しいです。うまくなればそうでもありません。ドリフト初心者の方のセッティングは、ある程度限界を低くして、タイヤを滑りやすくします。その方がスライドした時のコントロールが、簡単だからです。

 

うまくなれば、ハイグリップタイヤ、セッティングでグリップ力をつけて、車のドリフト状態の速度を上げて生きます。この時一緒にパワーもあげてきます。

 

FD3Sは、生粋のスポーツカーで、タイヤのグリップがシルビア系に比べて高く、さらに、ホイールベースが短いことと、フレームの剛性で、非常にピーキーです。

 

初めてドリフトをする方は、少々苦戦するかもしれません。実際、私の友人も苦労していました。ただ、FD3Sで多くのショップが、D1に参戦しています。今年で14年目です。14年のデーターがありますので、十分にドリ車としてのFD3Sは、煮詰まってきています。

 

RX7 FD3Sはこんな方にオススメ

 

  • グリップとドリフトどちらか悩んでいる方
  • ロータリーエンジンが好きな方
  • 他人とあまり被りたくない方

 

スポーツカーが欲しいけど、ドリフトか、グリップか悩んでいる方には、RX7ならどちらでもできますし、グリップでも、チューニングしだいで、4WDにも負けません。実際ホットバージョンの峠の魔王の企画で、RX7はトップでした。

 

ロータリーエンジンは、モーターのような、何処まででも回っていきそうなフィーリングと、ターボなのにNAのような、エンジンフィーリングが楽しいエンジンです。一度乗ればその良さは体感していただけると思います。

 

サーキットでドリフトを楽しんでいる車は、やはり、シルビア系の車が多いです。FD3Sも居ますが、シルビアが圧倒的に多いので、人と違った車でドリフトを楽しみたい方にはオススメです。

Grant.C1
(by Grant.C1)

ロータリー搭載車で、一番ネックになるのが、エンジンの寿命だと思います。エンジンの持ちは、FD3Sの最終型は、20万キロ以上は持つと言われています。カーセンサーで確認したところ、16万キロの車が売られていましたが、オーバーホール済みでしたので、次に走行している15.8万が一番走っている車です。

 

20万キロを走っている車は、私は実際に見たことありませんが、15.8万キロのRX7が販売されていますので、15.8キロはエンジンは大丈夫です。

 

ドリフトかグリップか悩む方はRX7 FD3Sがオススメです。

 

マツダ・RX7(FD3S)日産・シルビア(S13)中古車情報

カーセンサー中古車情報     アンフィニRX-7   
本体価格:898,000
カーセンサー中古車情報     RX-7   
本体価格:900,000
カーセンサー中古車情報     アンフィニRX-7   
本体価格:980,000

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。