ドリフトにおすすめのベース車両 日産・フェアレディZ

トップページ > ドリフトにおすすめのベース車両 日産・フェアレディZ

ドリ車のベース車両としておすすめする 日産・フェアレディZ

 

 

MIKI Yoshihito (´・ω・)
(by MIKI Yoshihito (´・ω・))

日産・フェアレディZの車両スペック(Z34・HZ34)

 

 

日産・フェアレディZ

グレードベースグレードバージョンTバージョンS
車両形式CBA-Z34CBA-Z34CBA-Z34
タイプクーペクーペクーペ
乗車定員2名2名2名
車両重量1500kg
(1510kg)
1520kg1520kg
エンジン型式VQ37VHRVQ37VHRVQ37VHR
総排気量3696cc3696cc3696cc
エンジン仕様V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
過給機無し無し無し
最高出力336ps336ps336ps
最大トルク37.2kg37.2kg37.2kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム無鉛プレミアム
JC08モード燃費9.1km
(9.2km)
9.2km9.1km
駆動方式FRFRFR
トランスミッション6MT
(7AT)
7AT6MT
グレードバージョンSTニスモ
車両形式CBA-Z34CBA-Z34
タイプクーペクーペ
乗車定員2名2名
車両重量1530kg
(1540kg)
1530kg
(1540kg)
エンジン型式VQ37VHRVQ37VHR
総排気量3696cc3696cc
エンジン仕様V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
過給機無し無し
最高出力336ps355ps
最大トルク37.2kg38.1kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム
JC08モード燃費9.1km9.2km
駆動方式FRFR
トランスミッション6MT
(7AT)
6MT
(7AT)
グレードロードスターロードスター
バージョンT
ロードスター
バージョンST
車両形式CBA-HZ34CBA-HZ34CBA-HZ34
タイプオープンカーオープンカーオープンカー
乗車定員2名2名2名
車両重量1550kg1580kg1580kg
(1590kg)
エンジン型式VQ37VHRVQ37VHRVQ37VHR
総排気量3696cc3696cc3696cc
エンジン仕様V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
過給機無し無し無し
最高出力336ps336ps336ps
最大トルク37.2kg37.2kg37.2kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム無鉛プレミアム
JC08モード燃費9.0km9.1km9.0km
(9.1km)
駆動方式FRFRFR
トランスミッション6MT7AT6MT
(7AT)

 

 

日産・フェアレディZの維持費目安表・車検料

 

 

普通自動車2000kgまでの車検料目安

普通車の車検料目安
2000kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円32,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー62,340円
3ナンバー62,440円
エコカー27,840 円20,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー49,540円
3ナンバー49,640円
13年経過車27,840 円40,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー69,540円
3ナンバー69,640円
18年経過車27,840 円50,400円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー79,940円
3ナンバー80,040円
車検は、新車購入時は三年後に受ける必要があります。それ以外は二年に一度受ける必要があります。
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

日産・フェアレディZの維持費目安表・自動車税

 

3500超~4000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
3500cc超~4000cc以下66,500円
自動車税は、一年に一度かかる税金です。
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

 

日産・フェアレディZの備考

 

フェアレディZは、日産が開発、販売するスポーツカーです。ドリ車で使われるZは主に、Z33、Z32が多いです。現行のZは、Z34で、上の表も現行のZ34を載せています。Z34は、スペック的には十分にドリフトが出来るスペックですが、現行は値段がするので、ドリ車のベース車両として、値段が抑えられる型落ちを選択する人が多いです。

 

ただ、今では、数少ない国産FRスポーツカーです。現行車でドリフトをやりたい方には、フェアレディーZはおすすめできます。現行のZの車両スペックは、エンジンが336psの車重は、1500kgです。ドリ車としては重い部類に入りますが、エンジンパワーは十分あります。シルビアのS15はターボモデルで250馬力です。Zは自然吸気で336PSを発生させます。

 

ドリフトでZを使用するなら、Z33がおすすめです。理由は、チューニングノウハウの蓄積があるからです。車を改造して、ドリフトを楽しむ時、ドリフトしやすいセッティングがあります。まったく新しい車だと、まったくの手探りなので、セッティングを突き詰めていかなければなりません。D1のトップ選手でさえ、ノウハウのない車でポイントを獲得するのは厳しいです。昔、HKSがシリーズ中、S15シルビアからアルテッツァへ乗り換え、一気に不調になったのは有名な話です。

 

現在は、アルテッツァもチューニングノウハウが蓄積され、ドリフトが楽しい車です。ただ、ドリフトノウハウが蓄積される場所は、D1が最も蓄積される場所です。改造箇所は公表されてます。もし、地元のカーショップでは無理でも、同一車種のD1車両を作っているショップに持ち込めば、ノウハウを元に希望にかなった改造をしてくれます。

 

フェアレディZはこんな方におすすめ

 

  • 現行の車でドリフトをやりたい方
  • グリップ走行も楽しみたい方
  • ある程度馬力のある車が欲しい方

 

Zは、現行で販売されている車です。ドリ車のベーズ車両は、旧車が多い中、現行のFRレイアウトスポーツカー、フェアレディZは貴重な存在です。中古車、旧車が嫌いな方には、オススメできるベース車両です。

 

Z34は、Z33より進化し、車体のねじれ剛性を40%改善したフレームと、200cc排気量がアップしたエンジンは、23psの馬力アップを実現しています。でも、車重は20キロしかアップしていません。

Falcon_33
(by Falcon_33)

 

 

3700ccのエンジンは、336馬力を発生させ、排気チューニングをするだけで300後半は狙えます。ノーマル状態で、300馬力以上出ているベース車両は、あまりありません。あってもほとんどセダンタイプの車です。その点も含めてフェアレディZは貴重な存在です。

 

フェアレディZ中古車情報

カーセンサー中古車情報     フェアレディZ   
本体価格:480,000
カーセンサー中古車情報     フェアレディZ   
本体価格:580,000
カーセンサー中古車情報     フェアレディZ   
本体価格:650,000

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。