ドリフトにおすすめのベース車両、ニッサン・180SX

トップページ > ドリフトにおすすめのベース車両、ニッサン・180SX

ドリ車としておすすめのベース車両 ニッサン・180SX

 

Member since 20102
(by Member since 2010

 

ニッサン・180SXの車両スペック

 

ニッサン・180SX(ターボ無し)

グレードタイプGタイプS
車両形式E-RPS13E-RPS13
タイプクーペクーペ
乗車定員4名4名
車両重量1200kg
(1220kg)
1200kg
(1220kg)
エンジン型式SR20DESR20DE
総排気量1998cc1998cc
エンジン仕様水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
過給機無し無し
最高出力140ps140ps
最大トルク18.2kg18.2kg
使用燃料無鉛レギュラー無鉛レギュラー
10:15モード燃費11.8km
(9.8km)
11.8km
(9.8km)
駆動方式FRFR
トランスミッション5MT
(4AT)
5MT
(4AT)

ニッサン・180SX(ターボ有)

グレードタイプRタイプX
車両形式E-RPS13E-RPS13
タイプクーペクーペ
乗車定員4名4名
車両重量1220kg
(1240kg)
1220kg
(1240kg)
エンジン型式SR20DETSR20DET
総排気量1998cc1998cc
エンジン仕様水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
ICターボ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
ICターボ
過給機
最高出力205ps205ps
最大トルク28.0kg28.0kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム
10:15モード燃費11.0km
(8.9km)
11.0km
(8.9km)
駆動方式FRFR
トランスミッション5MT
(4AT)
5MT
(4AT)
ドリフトにオススメのベース車両ドリフトにオススメのベース車両

ニッサン・180SXの維持費目安表・車検料目安

 

普通自動車1500kgまでの車検料目安

普通車の車検料目安
1500kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円24,600円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー54,140円
3ナンバー54,240円
エコカー27,840 円15,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー44,540円
3ナンバー44,640円
13年経過車27,840 円30,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー59,540円
3ナンバー59,640円
18年経過車27,840 円37,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー67,340円
3ナンバー67,440円
車検は、新車購入時は三年後に受ける必要があります。それ以外は二年に一度受ける必要があります。
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

ニッサン・180SXの維持費目安表・自動車税

 

1500超~2000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
1500cc超~2000cc以下39,500円
自動車税は、一年に一度かかる税金です。
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

ニッサン・180SXの備考

 

シルビアの姉妹車である、180SX

中身は、s13シルビアとほとんど同じです。明らかに違うのは、見た目です。特徴的な、リトラクタブルとハッチバックが180SXの特徴です。

 

180SXには、前期、中期、後期が存在しています。

 

前期は、エンジンが1800ccのCAエンジンが搭載され
中期は、エンジンが2000ccのSRエンジンが与えられました。
後期は、車両のテールが変りました。上が後期テール、下が前期、中期テールです。

Member since 20101
(by Member since 2010)

 

MSVG
(by MSVG)

 

180SXの特徴である、リトラクタブルとハッチバック。実は、ドリフトにとって不利なんです。

 

リトラクタブルは、ぶつけて破損をしてしまった場合、固定式のライトに比べて部品が多く、費用が掛かります。費用を抑える方法として、フロンドがシルビア、リアが180SXのシルエイティと呼ばれる180SXに仕上げたりします。

 

シルエイティは、ニッサンが販売している車種ではなく、180sxのリトラクタブルを修理する際に費用が掛かってしまうので、修理費用が安いS13の固定ライトを流用することで、出来た車です。

 

もちろん、シルエイティが好きだから、フロントを変えている人も居ます。

 

 

ハッチバックは、シルビア系のトランクに比べて、剛性が弱くドリフトには、不利です。ハッチバックの歪が激しくなると、しまりが悪くなります。

 

ここまで聞くと、180SXは非常に残念な車と思われる方が居るとおもいますが、180SXはいい車です。

 

私は、FC3Sから180SXを二台乗り継ぎました。
リトラクタブルの修理は、ぶつけて壊さなければ大丈夫ですし、剛性は、補強の手段はいくらでもあります。

 

上記のデメリットだけで、180SXを見限るのは、勿体無いですよ。
180SXはシルビア系の車です。シルビアS13の項目でも記載しましたが、共通で使えるパーツが多く、中古パーツ、社外パーツも豊富です。

 

180SXはこんな方におすすめ

 

  • これからドリフトを始める方
  • ドリ車を安く仕上げたい方
  • 車のチューニングを楽しみたい方

 

シルビア系統の180SXは、これからドリフトを始められる方の最初の一台として、おすすめできます。パーツも安く手に入りますし、パーツの数も豊富です。

 

それに、パーツが豊富なので、ご自信がカッコイイと思えるエアロパーツも見つかりやすく、自分好みの車に仕上げれます。

 

ニッサン・180SX中古車情報

 

カーセンサー中古車情報     180SX   
本体価格:580,000
カーセンサー中古車情報     180SX   
本体価格:698,000
カーセンサー中古車情報     180SX   
本体価格:780,000

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。