ドリフトにおすすめのベース車両、ホンダS2000

トップページ > ドリフトにおすすめのベース車両、ホンダS2000

ドリ車におすすめのベース車両 ホンダ・S2000

 

ドリフトにオススメのベース車両ホンダS2000です。

ドリフトにオススメのホンダ・S2000の車両スペック

 

ホンダ・S2000

グレードベースグレードタイプSタイプV
車両形式ABA-AP2ABA-AP2ABA-AP2
タイプオープンオープンオープン
乗車定員2名2名2名
車両重量1250kg1260kg1270kg
エンジン型式F22CF22CF22C
総排気量2156cc2156cc2156cc
エンジン仕様水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
過給機無し無し無し
最高出力242ps242ps242ps
最大トルク22.5kg22.5kg22.5kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム無鉛プレミアム
10:15モード燃費11.0km11.0km10.6km
駆動方式FRFRFR
トランスミッション6MT6MT6MT

ホンダ・S2000の維持費目安表

普通自動車1500kgまでの車検料目安

普通車の車検料目安
1500kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円24,600円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー54,140円
3ナンバー54,240円
エコカー27,840 円15,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー44,540円
3ナンバー44,640円
13年経過車27,840 円30,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー59,540円
3ナンバー59,640円
18年経過車27,840 円37,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー67,340円
3ナンバー67,440円
車検は、新車購入時は三年後に受ける必要があります。それ以外は二年に一度受ける必要があります。
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

2000超~2500cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
2000cc超~2500cc以下45,000円
自動車税は、一年に一度かかる税金です。
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

 

ホンダ・S2000はドリフトにオススメするベース車両です。

 

ドリフトにオススメするホンダ・S2000はホンダが販売していたFRのスポーツカーです。ドリフトにオススメできる車両はほぼFRです。車両はオープンでありながら、驚くほどの剛性を発揮させています。ドリフトには車体剛性があった方が確実に良いです。動画では、S2000を使ったドリフトを披露しています。

 

S2000は、2000CCを少しオーバーしますが、NAエンジンでありながら、250馬力もの出力を誇ります。エンジンパワーもS2000をドリフトのベース車両としてオススメする理由の1つです。マイナーチェンジで、排気量は上がっているのに、馬力は落ちていますが、これは、低回転のトルクが改善され、低回転からでもパワーを発揮させるようにしたためです。

 

サーキットでタイムを出すためには、ピーク馬力だけではなく、トータルのバランスが大事です。これは、ドリフトでもいえることで、高回転ばかり力を発揮するエンジンでは、扱い辛いです。低回転からトルクを発揮してもらわないとキツイです。そういった意味でも、S2000はドリフトにオススメできる車です。

 

ドリフト走行、スポーツ走行では、エンジンの回転数を見ながら、半クラなどのクラッチの技、ミッションのファイナルギアの最適化などで、状況に合わせながらエンジンの回転数を適切化していきます。

 

クラッチの技は、技術を磨かないと難しく、それに、クラッチに過度の負担をかけてしまいます。サーキットごとのミッション最適化は、個人所有のドリ車では難しく、扱いやすい車を作るには、低回転のトルクは必須です。

 

ドリフトのベース車両としてオススメするS2000に搭載されているエンジンは、市販車では珍しい9000回転まで回るエンジンです。ロータリーエンジン搭載車であるRX8のレブリミットは、一番高い車種で9000回転です。「同じじゃん!!」と思われた方、これは、ロータリーエンジンだからこその高回転です。

 

レシプロエンジンで比べると

  • トヨタ86は7500回転
  • 日産Z34は7500回転

 

一般的に、ターボよりNA車の方が高回転なので、今回はNAエンジンを比べましたが、1500回転の差は、体感でもかなりあります。

 

Member since 2007
(Member since 2007)

 

ドリフトにオススメのS2000はこんな方におすすめします。

 

  • オープンカーが欲しい方
  • グリップかドリフトか悩んでいる方
  • 目立ちたい方

 

S2000でモータースポーツを楽しみたい方は、安全ためロールバーを入れてください。純正でも安全には配慮はされていますが、ロールバーは是非入れてください。特にドリフト走行時は、入れた方が剛性のアップします。S2000は、オープンカーです。オープンにしたS2000でドリフトを楽しむことも出来ますが、サーキットによっては、オープンでは走れない場所もありますので、サーキットに出かける際は、事前の確認をおすすめします。

 

 

ホンダ・S2000中古車情報
カーセンサー中古車情報     S2000   
本体価格:750,000
カーセンサー中古車情報     S2000   
本体価格:838,000
カーセンサー中古車情報     S2000   
本体価格:890,000

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。