ドリフトにオススメのベース車両 ニッサン・シルビアS13

トップページ > ドリフトにオススメのベース車両 ニッサン・シルビアS13

ドリ車のベース車両としてオススメする ニッサン・シルビアS13

fragment.fi

(by fragment.fi)

ニッサン・シルビアS13の車両スペック

 

ニッサン・シルビア(S13)

グレードJ’sQ’sK’s
車両形式E-PS13E-PS13E-PS13
タイプクーペクーペクーペ
乗車定員4名4名4名
車両重量1110kg
(1130kg)
1110kg
(1130kg)
1150kg
(1170kg)
エンジン型式SR20DESR20DESR20DET
総排気量1998cc1998cc1998cc
エンジン仕様水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
ICターボ
過給機無し無し有り
最高出力140ps140ps205ps
最大トルク18.2kg18.2kg28.0kg
使用燃料無鉛レギュラー無鉛レギュラー無鉛プレミアム
10:15モード燃費11.4km
(9.3km)
11.4km
(9.3km)
10.0km
(8.1km)
駆動方式FRFRFR
トランスミッション5MT
(4AT)
5MT
(4AT)
5MT
(4AT)
ドリフトにオススメのベース車両

 

ドリフトにオススメの2000CC以下のドリ車一覧表

新旧シルビア系(S15、S14、S13)を比較、ランキング

ニッサン・シルビアS13の維持費目安表・車検料

普通自動車1500kgまでの車検料目安

普通車の車検料目安
1500kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円24,600円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー54,140円
3ナンバー54,240円
エコカー27,840 円15,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー44,540円
3ナンバー44,640円
13年経過車27,840 円30,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー59,540円
3ナンバー59,640円
18年経過車27,840 円37,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー67,340円
3ナンバー67,440円
車検は、新車購入時は三年後に受ける必要があります。それ以外は二年に一度受ける必要があります。
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

ニッサン・シルビアS13の維持費目安表・自動車税

1500超~2000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
1500cc超~2000cc以下39,500円
自動車税は、一年に一度かかる税金です。
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

 

ニッサン・シルビアS13の備考

 

 

ドリ車のベース車両としてオススメしたい、S13シルビア、シルビアはS13以前にも、S12.S110などありますが、S13以降のシルビアが、ドリフトでよく使われています。
S13シルビアには、エンジンが違う車があります。
前期のCA18と後期のSR20です。

 

CA18

  • 排気量 1809cc
  • 馬力 175ps

SR20

  • 排気量 1998cc
  • 馬力 205ps

 

このデーターだけ見ると、CAエンジンは劣りますが、いい点もあります。エンジンブロックが、SRエンジンはアルミなのに対して、CAは鉄で出来ています。

 

CAエンジンはエンジンブロックが鉄なので、SRエンジンのエンジンブロックに比べて、強いです。ただ、ほとんどのドリ車はSRのまま運用していますので、載せ変えるほどの利点ではない、との結論です。

 

 

S13シルビアは、生産終了から約21年経過しています。
古い車の一番の懸念は、故障です。
鉄の素材の故障は、あまり心配する必要はありませんが、ゴム系の素材は、年数劣化が出やすい箇所です。

 

S13は、他のシルビアに比べて年数が経過していますので、値段は安いです。安いドリ車をお求めなら、S13シルビアをオススメします。

 

S13シルビアのターボモデルはk‘sと呼ばれるグレードです。
Slambox RoleModel#1
(by Slambox RoleModel#)

 

シルビア系統のいいところは、パーツの豊富さです。
馬力を上げる時、タービンを交換します。この時一緒に、燃料ポンプも大容量の物に変えます。交換する燃料ポンプは、GTRのポンプを流用することが出来ますし、エアフロをチューニングする時は、Z32のエアフロを流用することも出来ます。

 

その他にも、同じシルビアである、S14、S15の純正タービンも流用できます。さらに、オークションサイトでは、かなりの数の中古パーツが流通していますし、新品パーツも他の車に比べて多いです。

 

年数が経っていても、修理をする為のパーツは簡単に入手できます。
ドリフトを始める方にオススメできるベース車両です。

 

日産・シルビア(S13)中古車市場価格情報

カーセンサー中古車情報     シルビア   
本体価格:500,000
カーセンサー中古車情報     シルビア   
本体価格:600,000
カーセンサー中古車情報     シルビア   
本体価格:880,000

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。