ドリフトのおすすめベース車両、トヨタ・カローラレビンAE86

トップページ > ドリフトのおすすめベース車両、トヨタ・カローラレビンAE86

ドリフトのベース車両としてオススメする トヨタ・カローラレビン AE86

 


4996142287_f9af852c44_z

 

ドリフトにオススメのトヨタ・カローラレビンAE86の車両スペック

ボディータイプクーペ
車両重量940kg
エンジン形式4A-GEU
乗車定員5名
総排気量1587cc
最大馬力130ps
最大トルク15.2kg
過給機無し
駆動方式FR

 

 

トヨタ・カローラレビンAE86の維持費目安表

普通自動車500kg~1000kgまでの車検料目安

普通車の車検料目安
500kg~1000kg
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円16,400 円1,700円45,940円
エコカー27,840 円10,000円1,700円39,540円
13年経過車27,840 円20,000円1,700円49,540円
18年経過車27,840 円25,200円1,700円54,740円
車検は、新車購入時は三年後に受ける必要があります。それ以外は二年に一度受ける必要があります。
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

1500超~2000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
1500cc超~2000cc以下39,500円
自動車税は、一年に一度かかる税金です。
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

 

ドリフトをするなら楽しいトヨタ・カローラレビンAE86はオススメです。

 

かつてトヨタ自動車が生産販売していた車が、カローラレビンです。カローラレビンは、AE86 と呼ばれる型式よりも新しい物もありますが、AE86 以降のカローラレビンは、前輪駆動のFFに変わってしまいました。

 

Fドリと言われるジャンルのドリフトをするなら、AE86型以降でも出来ますが、一般的にイメージされるドリフトをするのであれば、AE86型のカローラレビンをオススメします。

 

AE86 型のカローラレビンには、姉妹車があります。それは、同じAE86型のスプリンタートレノです。カローラレビンと、スプリンタートレノの違いは、外観です。

 

カローラレビンとスプリンタートレノの違い

 

 

その他は同じです。でも、実は、カローラレビンの方が、ライトが安く上がります。スプリンタートレノは、リトラクタブルと言われるライトが稼働するものなので、稼働させる部品が必要になってきます。前をぶつけてしまい、交換が必要な時、カローラレビンの方が簡単に修理できます。

 

 

AE86はこんな方におすすめです。
  • AE86が好きな方
  • ドライビングを学びたい方
  • レストアを学びたい方

 

オススメポイントは、スプリンタートレノと同じです。AE86を購入する方に、一番気にして欲しい箇所は、やはりフレームの腐食です。生産終了からかなりの年数が経過しています。車体の下など腐食が激しいと、最悪床が抜けることもあります。

 

 

AE86型は、ドリフトしなくとも、AE86 を購入される人は、何らかのモータースポーツをするために購入される人が多いです。スポーツ走行は、通常走行にくらべ、車体に負かが掛かります。腐食している車体は、その負かに耐えれません。ゴムブッシュ類、シール類などは、簡単に交換できますが、フレームを修理するのは、大掛かりな修理になります。場合によっては、修理不可能な場合もあります。

 

フレームの腐食だけは注意してください。
もし、現在乗っている車が腐食をしている場合は、早急に対処をして下さい。

 

 

トヨタ・カローラレビンAE86中古車情報
カーセンサー中古車情報     カローラレビン   
本体価格:590,000
カーセンサー中古車情報     カローラレビン   
本体価格:650,000
カーセンサー中古車情報     カローラレビンハッチバック   
本体価格:750,000

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。