ドリフト初心者におすすめのベース車両は?

トップページ > ドリフト初心者におすすめのベース車両は?

ドリフト初心者におすすめの車はシルビアです。

 

 

ドリフトにおすすめの車

 

これからドリフトをする方で、兎に角最短でうまくなりたいと思う方は、シルビアをお勧めします。理由は、シルビアは、パーツなどの流通量も多い上に、ドリフトをする上で丁度いい車だからです。

 

シルビアは、もともとスポーティーカーで、スポーツカーに比べて新車購入価格が安いです。最初の値段が安いので、GTR34などの生粋のスポーツカーに比べて、お求めやすい価格で販売されています。

 

それに、シルビアでドリフトをしている人が多いので、各社シルビア系のパーツも多く、中古パーツの流通量もほかの車種に比べて多いです。よく維持費を気にされる方がいますが、維持費は軽自動車でドリ出来る車を除いてあまり変わりません。

 

シルビアは2000ccクラスの車です。2000cc以下の排気量の車は、AE86がありますが、AE86は、古いので故障が心配です。それに、ドリフトを突き詰めて行くと、馬力アップは必須事項です。AE86は自然吸気エンジンです。自然吸気エンジンの馬力アップは、ターボ車に比べてお金がかかります。最終的には、シルビアを購入される方が安く済みます。

 

ドリフト初心者の方には、シルビア、シルビア系の車S13S14S15180SX、をおすすめします。

 

シルビアをもっと知りたい方はこちらからどうぞ
S13S14S15180SX  見たい車種をクリックするとページに飛びます。

 

 

これからの有望株はチェイサー

 

ドリフトにおすすめの車

 

 

 

四枚ドアのチェイサーです。セダンタイプの車は、ドリフトが出来ないと思っている方いませんか?そこまで、思っていなくとも、ドリフトにセダンは不向きだと思っていませんか⁇

 

セダンでも十分ドリフトは楽しめますし、コンテストで上位も狙えます。現にドリフトのプロ選手権D1で、セダンタイプのドリ車はチャンピオンになっています。セダンタイプのドリフトのベース車両はたくさんあります。

 

たくさんある四枚ドアの中で、なぜ、チェイサー(JZX100)をお勧めするのか?チェイサーは、マークⅡ、クレスタと姉妹車です。姉妹車は、共通部品で作られていますので、パーツが多く存在し、パーツを探す時、ほかの車に比べて見つけやすいです。

 

パーツが見つけやすいだけ?
もちろん、ほかにも魅力があります。チェイサーのグレード、ツアラーVはミッション設定があります。セダンでミッション設定のある車は限られます。セダンでドリフトを考えると、ミッションを載せ替える費用がネックになることがあります。でも、チェイサーのツアラーVは最初からMTが載っています。

 

 

チェイサーのいい点はまだあります。ツアラーVは馬力が280psです。最初におすすめしたシルビアの中で、一番馬力の出ているモデルS15のスペックRは250PSです。シルビアより純正で馬力が出ています。それに、搭載されているエンジン、1Jは耐久性の高いことでも有名です。

 

 

チェイサーをもっと知るのはこちらからどうぞ

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。