ドリ車がクラッシュして廃車になっても売れます。

トップページ > ドリ車がクラッシュして廃車になっても売れます。

ドリ車がクラッシュし廃車になっても価値があります。

 

ドリフトクラッシュ

 

 

 

ドリフトに事故はつき物です。ドリフト中のクラッシュは、初心者はもちろん、中級者、上級者もクラッシュします。もっと言えば、プロと呼ばれる人たちでさえクラッシュします。それだけ、ドリフトは高等技術です。

 

クラッシュした後、どうしますか?クラッシュの度合いにもよるとは思いますが、選択として、廃車、修理、パーツ取りようの車などが選択として残っています。

 

クラッシュの度合いが軽微なら、修理してドリフトを楽しむことが出来ます。少しぶつけて走行に支障がなければ、そのままドリ車として使用を続ける人もいます。エアロをぶつけた、割れたぐらいなら走行に問題ありませんし、日常茶飯事です。

 

クラッシュの度合いが、重度なら部品取り車という選択があります。これは、文字通りクラッシュした車の車検を切ってしまい、新しく買った車の予備部品として使うパターンです。ただ、クラッシュの度合いによっては、使える部品が限られる場合があるので、ほとんどゴミというようなこともあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

クラッシュした廃車をお金に買える方法がある

 

a1180_011767

 

クラッシュしたドリ車をどうせ廃車にするのなら、お金になったほうがいいですよね?クラッシュして廃車になったドリ車でもお金に買える方法はあります。パーツ取りをして、オークションなどで販売するか、専門の業者に引き取って貰って廃車にするかです。

 

パーツ取りをして売る方法は、ヤフーオークションなどのオークションサイトへ出品する方法があります。左フロントがクラッシュして使えなくても、右フロントぶ無事なら、右フロントのライト、ウインカー、フェンダーなどを売ることが出来ますし、エンジン、ミッションン、LSDが無事ならそれらを売って、まとまったお金を得る事だって出来ます。

 

 

でも、部品取りをして売るのは、少々ハードルが高いように思えます。なぜなら、部品を取る必要がありますし、配送手続きもしなければなりません。それに、オークションでは、売れる保証がありません。商売全般に言えることですが、買い手がいないと、売れません。

 

 

一番簡単なのは、専門の業者に頼むことです。専門の業者なら、いる書類から手続きまで、全て業者が教えてくれますし、代行もしてくれます。忙しい人は、業者にまる投げが出来ます。処分に困ったら先ずは、業者に見積もり依頼をしてからでも遅くありません。


 

ドリ車 廃車
ドリフト クラッシュ

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。