ドリフトにおすすめのベース車両 マツダ・ロードスター

トップページ > ドリ車にベースのオススメ車両・マツダ車一覧表 > ドリ車にオススメのベース車両マツダ・四代目ロードスター > ドリフトにおすすめのベース車両 マツダ・ロードスター

ドリ車のベース車両としてオススメする マツダ・ロードスター

 

 

 

 

マツダ・ロードスターの車両スペック

 

マツダ・ロードスター

グレードSNR-ARS
車両形式DBA-NCECDBA-NCECDBA-NCEC
タイプオープンオープンオープン
乗車定員2名2名2名
車両重量1110kg1110kg1120kg
エンジン型式LF-VE[RS]LF-VE[RS]LF-VE[RS]
総排気量1998cc1998cc1998cc
エンジン仕様水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
過給機無し無し無し
最高出力170ps170ps170ps
最大トルク19.3kg19.3kg19.3kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム無鉛プレミアム
JC08モード燃費12.6km12.6km11.8km
駆動方式FRFRFR
トランスミッション5MT5MT6MT
グレードS RHTRS RHTVS RHT
車両形式DBA-NCECDBA-NCECDBA-NCEC
タイプオープンオープンオープン
乗車定員2名2名2名
車両重量1170kg1160kg1170kg
エンジン型式LF-VE[RS]LF-VE[RS]LF-VE[RS]
総排気量1998cc1998cc1998cc
エンジン仕様水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
過給機無し無し無し
最高出力162ps170ps162ps
最大トルク19.3kg19.3kg19.3kg
使用燃料無鉛プレミアム無鉛プレミアム無鉛プレミアム
JC08モード燃費11.2km11.8km11.2km
駆動方式FRFRFR
トランスミッション6AT6MT6AT

 

四代目(ND系)マツダ・ロードスターはこちら

 

マツダ・ロードスターの維持費目安表・車検料

 

普通自動車1500kgまでの車検料目安

普通車の車検料目安
1500kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円24,600円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー54,140円
3ナンバー54,240円
エコカー27,840 円15,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー44,540円
3ナンバー44,640円
13年経過車27,840 円30,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー59,540円
3ナンバー59,640円
18年経過車27,840 円37,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー67,340円
3ナンバー67,440円
車検は、新車購入時は三年後に受ける必要があります。それ以外は二年に一度受ける必要があります。
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

マツダ・ロードスターの維持費目安表・自動車税

 

1500超~2000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
1500cc超~2000cc以下39,500円
自動車税は、一年に一度かかる税金です。
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

 

マツダ・ロードスターの備考

 

ドリ車におすすめのベース車両

 

 

マツダが販売している、国産FRオープンカーです。現行で数少ないライトウエイトのFR車です。オープンカーは、ドリフトに向かないかもしれませんが、動画のようにドリフトは可能です。

 

 

ただ、ドリフトにはクラッシュがつきものなので、ロードスターでドリフトをするのであれば、それ相応の安全装置は必須です。具体的には、最低ロールゲージは入れるべきです。

 

 

ロールバーは、物にもよりますが、10万もあれがおつりがきますし、うまく買えば5万円行きません、実際私の友人は、2万円で七点のロールゲージをいれれました。

 

 

ロードスターはオープンカーです。オープンカーですので、クローズドボディーの車に比べると、ボディーの剛性が不利です。そういった意味でもロールゲージは入れるべきです。ロールゲージは、安全性を向上させるだけではなく、ボディー剛性アップにも貢献します。

 

 

現行のロードスターには、ソフトトップと呼ばれる手動式の布製の屋根と、電動開閉機構を備えた、金属製の屋根があります。重量は布製の手動式の方が軽いですが、ドリフトもオープンカーも楽しみたい人は、電動式の方が便利です。

 

エンジンの馬力は、少々非力のように感じます。でも、非力は悪いことではありません。ドリフトをする上でパワーは有利に働く材料ですが、非力な車は、テクニックを育てます。

 

パワーのある車は、戻りそうになれば、アクセルを開ければいいですが、非力な車はそうもいきません。クラッチをけるとか、進入を上げるとか、パワーのあると楽しがちですが、非力な車は、腕を上げないとうまくドリフトができません。

 

最初は苦労するかもしれませんが、物になった時には、貴方の腕はかなり上がっています。もし、我慢できない時は、過給機を付けることも出来ます。

 

 

マツダ・ロードスターはこんな方にオススメ

 

 

  • 綺麗な車が欲しい方
  • オープンカーが欲しい方
  • 変わり種の車を探している方

 

 

ロードスターは現行の車です。シルビアはドリフトに魅力的な車ではありますが、生産終了から少々年数が経過しています。ロードスターは、オープンカーです。それだけで、サーキットでは目を引きます。

 

 

マツダ・ロードスターの中古車情報

 


平成10年式マツダロードスタースペシャルパッケージ(08.04入荷)
掲載終了まで あと12日
■走行距離:59千km
■販売価格:448,200円(税込)

平成13年式マツダロードスターYS リミテッド(08.12入荷)
掲載終了まで あと7日
■走行距離:134千km
■販売価格:589,680円(税込)

平成17年式マツダロードスターRS(08.07入荷)
掲載終了まで あと12日
■走行距離:135千km
■販売価格:698,760円(税込)

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。