ドリ車のベース車両としてオススメ車両・燃費ランキング JC08モード編

トップページ > ドリ車のベース車両としてオススメ車両・燃費ランキング JC08モード編

ドリ車のベース車両としてオススメ車両・燃費ランキング JC08モード編

 

ドリ車燃費ランキング

 

 

近年は燃費ブームです。燃費がいい車が大変人気です。燃費のいい車は、一リットルのガソリンで沢山距離を走ってくれます。たくさん走ってくれると言うことは、それだけランニングコストが安いと言うことになります。

 

でも、ドリ車ははっきり言って燃費が悪いです。車を選ぶ時、燃費を一番重視するなら、ドリ車におすすめできるベース車両は一台もはいりません。今回のランキングは、当サイトで、ドリ車にオススメのベース車両としてオススメしている車の中で、燃費がいい順番にランキングをしていきます。比べる燃費指標は、JC08モードです。

 

ドリ車の中で燃費がいい車ランキング・JC08モード偏

ランキング車名グレード燃費 
一位トヨタ
86
スバル
BRZ
RC

RA
13.4km02-green
02-green
二位マツダ
ロードスター
S12.6km02-green
三位レクサス
IS
バージョンL IS350
Fスポーツ
10.0km02-green
四位日産
フェアレディーZ
ベースグレード9.1km02-green
五位レクサス
RC F
ベースグレード8.2km02-green
上記の表は、JCO8モードの燃費を参考にしています。
グレードは、ドリ車のベースとしておすすめできるグレードの中で、一番燃費のいいグレードを表示しています。
基本的に比べるミッションは、MTです。ただ、MT設定のない車もあります。

 

 

第2回燃費ランキング

 

ドリ車のベース車両、燃費ランキングトップは、86とBRZ

 

 

 

トップは、トヨタ・86と、スバル・BRZです。この二台は同じエンジンです。もっと言うと同じ車です。違いは、外装と、販売しているメーカーが、トヨタかスバルの違いです。姉妹車というより、同じ車と言った方がいいほど同じ車です。

 

 

今回のランキングで、ランクインしたのは、すべて自然吸気のエンジンです。昔は、ターボ=燃費が悪いと言うのは常識で、排ガス規制で、ほとんどのターボ車は生産を終了しました。現在は、ダウンサイジングエンジンの開発が進み、ターボは燃費改善の装置としての開発がすすめられています。

 

 

燃費のいい車は、ランニングコストを抑えることが出来ますので、浮いたお金を、改造費、走行費などの走りにあてることが出来ます。燃費のいい車は、そういった意味では、腕を上げることに貢献してくれるかもしれません。ドリ車は欲しいけど燃費が気になると言われる方は、参考にして下さい。

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。