ドリ車の盗難防止方法は?

トップページ > ドリ車の盗難防止方法は?

ドリ車は盗まれやすい??

 

ドリ車は盗まれます!
たとえボロボロのドリ車でも盗まれます。

 

ドリ車盗難防止

 

私の知り合いの方で、実際に盗まれた人が居ます。ある日突然そこにあった物が、なくなる喪失感は、はんぱないです。私の知っている限りで、一番悲惨な盗難にあわれた方は、一か月で二回、盗難に合いました。

 

その方は、ドリフト仕様ではありませんでしたが、、車にはお金がかかっていました。ある日、自宅の目の前に駐車してあったシルビアがなくなっていたそうです。まさか、自宅の前に置いてあった車が盗まれるとは、夢にも思っていなかったと言っていました。

 

その方は、無類のシルビア好きで、盗まれてしばらくして、同じ方のシルビアを購入しました。前の車よりは、改造費はかかっていなかったようですが、100万円以上は最初に車体の代金とは別に改造したと言っていました。

S14後期ドリフト

そして、しばらくして、また盗まれました。その方は、一代目が盗まれた後「連続で盗まれることはないだろう」と考え、一代目と同様に、防犯装置は付けていませんでした。

 

その後その方は、もう一度シルビアを購入して、自宅には人感のライトと防犯カメラ、車には、警報装置とハンドルロックで、防犯していました。そのかいあってか盗難はそれ以降されていません。

 

スポンサードリンク

 

ドリ車は盗難されやすい!!

 

レクサス、ランドクルーザーなどの高級車が盗難されるニュースは、よくニュースで見ます。でも、ドリ車の盗難はあまりニュースで見ません。だから、油断している人が多いのかもしれません。

 

ドリ車の盗難は確かに存在し、大衆車に比べて取られる確率は高いです。ドリ車が盗難に合いやすい理由はいろいろありますが、中でもオーナーの危機意識の低さと、車両が古いことによる、セキュリティー性能の低さに問題があります。

 

ボロボロだから取られないだろうと、思っている方は危険です。ドリ車には、お宝がたくさん付いています。エンジン、ミッション、ホイール等、盗難者にとっては宝の宝庫です。大衆車に比べて、ドリ車に付いている、パーツは売りやすく、お金になります。

ConorLuddy

車体を盗難し、車体を売ろうとすると車体番号の問題が出てきますが、パーツを売る分には、車体番号は問題ありません。それに、ドリ者のベース車両は古いことが多く、今でも人気のある、多くのドリ車のベース車両は、盗難対策であるイモビライザーが付いていません。

 

ただ、今現在イモビライザーは、万能ではなくなりました。イモビライザーでも、破られます。最新の盗難防止装置でも、破られます。古いドリ車のベース車両に何も盗難対策をしていなければ、非常に盗難しやすい車です。

 

もっとも有効な盗難対策は??

 

一つでは、不十分です。複数のセキュリティー対策をされることをお勧めします。まずは、ハンドルロックです。

<受注生産1ヶ月>HORNET ホーネット ハンドルロック LH-11R ダイヤルキータイプ

 

万が一、カギをなくしても安心な、ダイヤルロックタイプです。よく、ハンドルロックをお求めの方で、あまり目立たない物を探す方がいますが、お勧めできません。

 

昔、実際にあった事件ですが、犯人が車を盗みエンジンを掛けたけど、ハンドルがロックしていて、そのまま事故を起こした事件が実際にありました。犯人が、修理又は、新車を購入してくれるのでしたら、まだましですが、ほとんどの場合、犯人には、賠償するだけの財産はありません。

 

事前にハンドルにロックがかかっていることが分かっていれば、盗難自体起きなかったかもしれません。

 

 


カーセキュリティ XW310 COMTEC(コムテック)取付簡単!!アンサーバックカーセキュリティ衝撃センサー&ドア開センサーの4段階調整可能!【RCP】

 

ハンドルロックがかかっているのに取ろうとしている犯人には、音で帰っていただきましょう。ハンドルロックは、車両盗難では非常に効果的ですが、弱点があります。車上荒らしには効果が期待できないことです。車上荒らしは、ガラスを破ることが多く、盗難の対象物は、中のカバンであったり、カーナビ、オーディオなどで、ハンドルロックが掛かっていても防げません。

 

そこで、有効になってくるのは、振動を感知して、音で撃退する装置です。今回紹介するのは、シュガーソケットから簡単に電源をとれるタイプです。別売りのケーブルで、バッテリーから直接電源をとることも可能です。

 

音は、盗難者を撃退するのに有効な手段です。音とハンドルロックの合わせ技で盗難者を撃退しましょう!!

 

ただ、それでも、盗難するものがいます。防衛しても、取られるのならその次は、盗られた後の対策です。

日本で一番大きい警備会社のセコムが提供している。位置追跡サービスです。

 

パソコンや携帯電はですぐに位置がわかります。もし、盗難にあった場合、一人で車の場所まで行くのは危険ですよね?そんな時は、セコムに要請すれば、現場まで隊員を派遣してくれます。

 

車両取り付けタイプを選べば、車の中に取り付けることが可能です。設置する場所を、インパネの中にすれば、犯人に発見される確率は、限りになく、ゼロに近付います。サービス開始以来、900台以上の車が取り戻され、本来の持ち主であるオーナーに返されています。

 

防犯に、ハンドルロックとアラーム
万が一の盗難に追跡装置とセコム

 

盗難対策にやり過ぎはありません。これだけすれば、ひとまずとれる対策はすべて取ったと言えます。悪質な盗難者から愛車を守り、快適なカーライフを送りましょう‼

 

 

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。