ドリ車の雑誌と言えば

トップページ > ドリ車の雑誌と言えば

ドリ車の雑誌と言えばドリ天

 


ドリフトをこれから勉強する方は、実際に見るのもいいですが、雑誌などのメディアで、最新のドリフト事情を見るとより深くドリフトを理解できます。昔からドリフトの専門誌としてあるのが、ドリフト天国です。ドリフト天国は株式会社 ディーズ・クラブ が発行する雑誌です。

 

株式会社 ディーズ・クラブではその他、OPTION・OPTION2・Gワークス を発行しています。いずれの雑誌も改造車の雑誌として地位を確立した雑誌です。 ディーズ・クラブの社長は、業界にあまたの伝説を残す稻田 大二郎氏です。

 

スポンサードリンク

 

ドリフト天国では、最新のD1情報も記載されています。もちろんD1の結果だけではなく、選手のマシンの詳細、マシンのこだわりどころなど、雑誌ならではの取材で、普通の人なら知りえないこともしっかりと取材しています。

 

マシンだけではなく、ドライバーのこれまでの戦績、過去の大会に出たときの様子など、マシンだけでなく、マシンを操るドライバーにもスポットを当てた記事が多く書かれています。今、GT300など数々のレースで活躍している谷口信輝氏はドリ天の関連企画である「いかす走り屋チーム天国」に出場していました。

 

その他にも、今現在D1で活躍するドライバーの大部分は、いかす走り屋チーム天国に出場した経歴を持ち、プロになる前に一度はドリ天に登場している人がほとんどです。

 

 

雑誌ドリ天には、関連企画として映像で楽しめるドリフト天国DVDがあります。ドリフト天国DVDでは、いかす走り屋チーム天国の大会の模様を、予選から決勝まで収録しています。いかす走り屋チーム天国の大会の中に、団体と言うものがあります。これは、5台のドリ車がどれだけ接近して綺麗にドリフトを決めるかを争うのですが、クラッシュ率がすごいです。

 

スポンサードリンク

 

プロの方で、チームオレンジが五台連続でドリフトを行うパフォーマンスを披露していますが、あれを想像されると、ビックリすると思います。ただ、すごくきれいに団体ドリフトを決めてくるチームのありますので、それはそれで見ものです。

 

雑誌ドリフト天国では、その他にも、オールペン講座、タイヤの手組講座、アライメント講座など、車のチューニング方法、メンテナンス方法も特集があります。ドリフトをする上で必ずプラスになる特集ばかりです。

 

 

雑誌ドリフト天国は、大きい本屋ならほとんど置いてあります。大きいところですと、ドリフト天国DVDも一緒に置いてある店舗もあります。稀にではありますが、コンビニにもあるのを見かけます。一度興味がある方は、立ち読みしてみてください。ドリ天DVDは購入しなければ見ることはできませんが、雑誌なら気軽に立ち読みができます。ドリフトをこれからする方、ドリフト雑誌をお探しの方に、おすすめできる雑誌はドリフト天国です。

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。