安いドリ車は?最安値のドリ車は?

トップページ > 安いドリ車は?最安値のドリ車は?

安いドリ車はどれか?最安値のドリ車は?

 

安いドリ車

 

ドリ車を安く購入したいですよね?ドリ車を最安値で購入する方法は、友人から譲ってもらうことです。私は、14タービン、ブーストアップ仕様の日産・180sxを無料で友人にあげると言いましたが、友人は三万円私に払いました。全塗装もしたので、おそらく市場で購入したなら30万円以上はしたと思います。ドリ車を最安値で購入する方法は友人からもらい受ける方法です。

 

ただ、ドリフトをする友人が周りにおらず、友人からドリ車を譲ってもらうルートが無い方には、安いドリ車を市場で購入される方法が一番安く手に入れる方法です。方法としては、二つ、ヤフーオークションなどの中間に誰もいない方法で購入するか、お店で購入するかです。当サイト、ドリ車にオススメのベース車両では、50万円以下で購入できるドリフトにオススメのベース車両も紹介していますので、お店で購入される時は、そちらを参考にして下さい。

 

 

安いドリ車はドリフトをする上で最安値なのか?

 

ドリ車にオススメの ベース車両

 

 

ドリフトをずっとやっていくと車の改造、故障等で、部品交換など、車に手を入れることがあります。この時、当たり前ですが、お金が掛かります。自分で車をいじるのであれば、お金はパーツ代だけでいいのですが、お店に任せると、工賃も掛かってきます。工賃は物にもよりますが、安いものから、高いものまでピンきりです。

 

ただ、自分でいじる時もパーツ代が掛かってきます。このパーツ代ですが、知っていますか?クルマによって、安い部品、高い部品があることを、私が昔マツダ・RX7のFC3Sに載っていた時、LSDをと呼ばれるドリフトには欠かせない部品を入れる改造をした時です。同時期に日産・シルビアにLSDを入れる友人がいたのですが、日産・シルビアの方が価格が安く種類も豊富でした。

 

車を購入する時、車体価格が一番安くても、後々改造をする時、部品代が高くなることがあります。改造も視野に入れて車を購入するなら、ドリフトで人気の車種を購入される方が、部品も豊富にありますし、なにより、パーツがドリフトに人気の車種の方が部品代が安いので、オススメですよ。

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。