当サイトについて

トップページ > 当サイトについて

当サイトは、ドリフトの出来る車、ドリフトのしやすい車など、ドリフトにオススメできる車を個別に、又は、ランキング形式で紹介します。

 

管理人は、昔ドリフトをしていました。
今は、いろんな事情で遠ざかっていますが、宝くじが当れば復活したいです。

 

宝くじ当れーーーー!!

 

スポンサードリンク

 

すいません、話しを戻します。
ドリフトは、お金が掛かる趣味です。

 

私は、昔FC3Sからドリフトを始めました。その後、180を二台乗り継ぎました。FC3Sから乗り換えた理由は、パーツの価格の安さと流通量です。

 

FC3Sに比べ、シルビア系である180SXは、シルビアs13s14s15のパーツが流用が出来ますし、スカイラインGTRの部品も流用できます。

 

それに、乗っている人が多いので、いろいろなチューニングの実績があり、データがあります。ドリフトを楽しむだけでしたらシルビア系の方がFC3Sに比べで安く楽しめます。

 

しかし、シルビア系も弱点があります。
シルビア系は、スポーティーカーなので純粋のスポーツカーであるFC3Sに劣る点が多数ありますし、FX7系統に搭載されているロータリーエンジンは、400馬力ぐらいまででしたら、エンジンを強化しなくても比較的大丈夫です。

 

P1030374_R

 

さらに、サーキットなどの、ドリ車が集まる場所は、ほとんどがシルビア系の車です。エンジンもSRエンジンがほとんどなので、エキゾーストも同じです。

 

目立つのであれば、FC3Sの方がシルビア系統より目立てます。

 

このように、ドリフトが出来る車両と一口に言っても。4ドア、2ドア、ハッチバック、クーペなどいろいろな車がありますので、それぞれの長所短所を踏まえて解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。