新旧スカイライン対決(HCR32・ECR33・ER34)

トップページ > 新旧スカイライン対決(HCR32・ECR33・ER34)

新旧スカイライン対決(HCR32・ECR33・ER34)

 

 

当サイトで紹介している新旧HCR32ECR33ER34のスカイラインを比較します。日産のドリ車と言えばシルビアですが、スカイラインもオススメできるベース車両です。スカイラインでドリフトと言えば、記事記載現在は、HCR32ECR33ER34です。

 

スカイラインには、クーペタイプの他に、セダンタイプもあります。そして、グレードも様々あります。このページでは、ドリ車にオススメのグレードと、セダンタイプで比較したいと思います。新旧スカイライン(HCR32ECR33ER34)を五番勝負で比較します。

 

スカイライン(HCR32・ECR33・ER34)比較ランキング・排気量偏

ランキング型式イメージグレード排気量詳細
一位ECR337994256140_f653728ff6_zタイプM
GTS25T
タイプM
2498cc02-green
一位ER341436258115_ee9ae7e4d2_z25GTターボ2498cc02-green
三位HCR3210275699673_244342deae_zGTS-T
タイプM
1998c02-green

 

排気量が大きいのがECR33ER34が大きく、HCR32だけ低いと言う結果になりました。排気量が大きいと、馬力も大きいのですが、はたして排気量と同じようにECR33ER34は、同じ出力なのでしょうか?次は、馬力で比較したいと思います。馬力はドリフトへ影響します。

 

スカイライン(HCR32・ECR33・ER34比較ランキング・年式偏

ランキング型式イメージ生産終了年式詳細
1位R341436258115_ee9ae7e4d2_z2001年02-green
2位R337994256140_f653728ff6_z1998年02-green
3位R3210275699673_244342deae_z1993年02-green

 

HCR32ECR33ER34の中で、馬力が高いのは、ER34という結果となりました。280psは当時の馬力規制一杯の数字です。ER34は、HCR32ECR33ER34の中で、一番新しいです。年式が新しい車ほど、馬力が出ていると言う結果となりました。次は、上記で少し触れましたが、年式でランキングします。年式が新しいのはどのスカイラインでしょうか?生産終了年式で比較します。

 

スカイライン(HCR32・ECR33・ER34比較ランキング・年式偏

ランキング型式イメージ生産終了年式詳細
1位R341436258115_ee9ae7e4d2_z2001年02-green
2位R337994256140_f653728ff6_z1998年02-green
3位R3210275699673_244342deae_z1993年02-green

 

 

スカイラインは、日産を代表する車の名前です。当サイトでは、HCR32ECR33ER34をドリフトのベース車両として紹介しています。三台とも生産は終了していますが、スカイライン自体は、記事記載現在でも、生産が継続されています。ドリフトのベースとしてオススメできるのは、記事記載段階では、HCR32ECR33ER34です。

 

 

年式は、数字が大きい型式が新しい型式となっています。新しいスカイラインが欲しい人は、ER34で決まりですね。一般的には、古いモデルほど、販売価格が安いです。安いドリ車のベースを探している人は、参考にしてください。当サイトでは、HCR32ECR33ER34のスカイラインをオススメしていますが、これ以降の新しいスカイラインでも、ドリフトは出来ます。

 

スカイライン(HCR32・ECR33・ER34)比較ランキング・燃費ランキング

ランキング型式イメージグレード燃費詳細
一位ER341436258115_ee9ae7e4d2_z25GTターボ10.6km02-green
二位ECR337994256140_f653728ff6_zタイプM
GTS25T
タイプM
10.2km02-green
三位HCR3210275699673_244342deae_zGTS-T
タイプM
9.5km02-green

 

スカイライン(HCR32ECR33ER34)を燃費で比較しました。最近の車選びでは、燃費は重要な要素です。ドリ車をお求めの方は、燃費は気にしないかも知れませんが、燃費は、維持費に直結します。ドリ車で通勤も行うならなおさらです。

 

スカイライン(HCR32・ECR33・ER34)比較ランキング・重量偏

ランキング型式イメージグレード排気量詳細
一位HCR3210275699673_244342deae_zGTS-T
タイプM
1320kg02-green
二位ECR337994256140_f653728ff6_zタイプM
GTS25T
タイプM
1390kg02-green
三位ER341436258115_ee9ae7e4d2_z25GTターボ1410kg02-green
MT車で比較します。

一番軽いのは、HCR32です。車体重量は、ドリフトへ影響します。車体が軽ければ軽いほど、重い車に比べてキレのある走りが出来ます。スカイラインのエンジンは、六気筒のエンジンです。シルビアの四気筒のエンジンに比べて重いです。少しでも、軽い車が欲しい人は、HCR32で決まりですね。

 

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。