駆動方式で見る、ドリフト

トップページ > 駆動方式で見る、ドリフト

自動車には、いろんな駆動方式があります。
FF,FR、RR、MR、4WD

 

ドリフトは、全ての車でドリフトが可能です、
ただ、最も一般的な車は、FRです。

 

スポンサードリンク

 

基本的に、後輪駆動のFRを使います。同じく後輪駆動のMR,RRもFRのような動きはできますが、エンジンが後ろについているので、まったく同じ動きとは行きません。

 

ドリフトは、エンジンの熱を逃がすのが1つの課題です。唯でさえ、ドリフト走行時は、ラジエーターに風が当りにくく、水温対策が必要です。後ろにエンジンがある、MR,RRは風が当りにくく水温的には不利です。

 

動画は、MRであるSW20のドリフト動画です。MRでドリフトをしている人が少ないので、目立ちたい方にはお勧めです。

 

FFは、前輪駆動です。
Fドリと呼ばれるジャンルで、愛好家の間では盛んにFFでドリフトが行われています。

FFは、日本車で一番取り入れられている駆動方式です。
軽自動車でも出来ますし、カローラのようなたくさん売れている車でもできます。それに、FRドリフトに比べで、Fドリは少ないので、目立ちたい方にはお勧めです。

 

4WDは、四輪全てが駆動する走行システムです。
昔は、4WDは曲がらないとよく言われていましたが、スカイラインGTRのATTESA E-TS以降からは、電子制御で曲げていく車に変ってきました。

 

ドリフトに関しましては、4WDの車を改造してFRとしてドリフトを楽しんでいる方もいますし、4WDでドリフトと言えば、ラリーカーです。

 

動画では、舗装道路を走行していますが、4WDの走行ラインはFRと少し違います。FRではスピンモードに入る角度でも、アクセルオンでの前輪のトラクションで強制的に持っていきます。ただ、セッティング次第です。

 

最後に、FRです。
FRは、ドリフトの王道と言っても過言ではない駆動方式です。

 

全車FRです。
場所は、名阪スポーツランドです。
最初の画面から見えるコンクリートの壁に、いかに寄せるかがポイントです。うまい友人のGTウイングは、少し削れてありませんでした。

 

動画に写っている人たちは、エキスパートなので、最初は動画の位置から振っていくことは、無理だと思います。もし出来る人が居たら天才です。

 

スポンサードリンク

 

最終コーナーから繋げることも難しいです。それに、ある程度パワーがないと、繋げるのは至難の業です。

 

ドリフトは、車を選びません。王道で楽しみたい方は、FRでドリフトをすることをオススメしますが、今乗っている車でもできないことはありません。

 

 

 

オススメのドリフトをするベース車両を紹介します。ランキング、車種別でドリ車を取り上げます。